'; ?> カードローンの審査に欠かせない存在とは※個人信用情報機関について

カードローンの審査で利用される「個人信用情報機関」とは

銀行や消費者金融などの運営するカードローンに申し込みをした場合、必ず審査というものが行われます。そして、その審査で問い合わせが行われるのが個人信用情報機関です。個人信用情報機関とは、申し込んできた人の情報が登録されている機関であり、カードローンの審査においてはその人が

 

どのような経歴の持ち主であるのかといった情報を確認

 

することで行われます。この個人信用情報機関に登録されている情報は、消費者金融やクレジットカード、各種カードローンなどの使用実績が登録されています。

 

そのため、これまでに全く消費者金融や銀行などのカードローンを利用したこともなく、クレジットカードも作ったことがないという人の場合には情報が登録されていません。ここに情報が登録されていないということは、これまでに融資を受けたりしたことがないということなので、

 

返済の滞納などといった「事故」もないと考える

 

ことができます。こうした理由から、カードローンの審査では「初めて申し込む人」については、たとえば収入が不安定であるといった理由を除けばほとんど通らないということはないといえるでしょう。ちなみに、この個人信用情報機関は、割賦販売法という法律でその存在が認められた機関となっています。

 

また、登録されている情報についても先述の通り消費者金融などのカードローンや、クレジットカードの利用状況といった「限定的」な情報となっていますので、いわゆる「個人情報の流出」にもあたらないと考えることができます。

 

消費者金融や銀行のカードローンの審査で、事実とは異なる情報で申し込んだ場合に審査に通らないのはこうした個人信用情報機関に審査段階で問い合わせを行い事実確認を行っているためです。

 

事実と異なる情報で申し込んだ場合には、信用できない人間と判断されてしまうだけでなく、データ偽装の疑いで他のカードローン業者の審査でも通らなくなる可能性すらあります。こうした理由から、カードローンの申し込みについては正確な情報で申し込むことがカードローン 即日融資への近道になりますので大切です。

 

カードローンの申し込みでは銀行や消費者金融 審査に大きな違いはありませんがスピード面では消費者金融が早いかもしれません。

2014/11/23 04:41:23 |
私の、家ではいつも2台分の車検が重なってしまいます。車検も、やはり修理をしなくてはいけない部分などがあると、高くなってしまいます。だから、車検代も出せるのかと今すごく不安になってしまっているような状態になっているのです。そこでカードローン web完結でモビット即日融資をこれから利用ができればなんてい...